FAQ

>

Tenbuyerを使用する上で必要なものについて

以下のものが必要となります。
・パソコンおよびインターネット環境
・エクセル(推奨)
・有料APIを使用する場合、データを取得する国のアマゾン大口アカウント
・無料API、amazon画像URL取得ツールを使用する場合、amazon Produuct Advertising API
https://affiliate.amazon.co.jp/gp/associates/help/t125

Back To Top

動作環境について

動作確認済みの環境
・OS windows 10 / 8.1 / 8 / 7
下位OS互換については、未調査。
(MAC OSでは使用できません、Boot Campを使用したwindowsであれば利用できます。)
・メモリ2GB以上必須。4GB以上推奨。
・HDD空き容量256GB以上推奨
・CPU1GHz以上推奨
・ネット回線ADSL以上推奨
・.net frame4.5.2以上(2015年4月時点、基本的には最新のものを使用してください)
・エクセル 2010 2013 – 下位互換は未調査。
・セキュリティソフトによって動作制限が稀に発生する可能性があります。
ウィルスバスタークラウドをご利用の際は、起動を停止してTenbuyerをお使い下さい。

Back To Top

Tenbuyerのライセンスについて

Tenbuyerは1台のパソコンに1個のライセンスが必要です。
複数台のパソコンでご使用する場合は、台数分のライセンス購入が必要となります。また、複数台で利用する場合は、amazon MWSアカウント(アマゾン大口アカウント)も複数ご用意することをお勧めします。
ライセンスはお申込時のPayPalメールアドレス宛に自動返信にて送らせていただきます。
メールアドレスに不備があると、正常にライセンスが届かない可能性があるのでご注意下さい。
お申し込みから24時間を経過してもメールが届かない場合には、迷惑フォルダを一度ご確認下さい。迷惑フォルダにもメールが届いていない場合は、お申込み時のお名前とPayPalメールアドレスを明記した上でサポートまでご連絡ください。
なお自動返信はtool@tenbuyer.infoより送信されます。

Back To Top

複数の無料ライセンスを発行していただくことは可能ですか?

可能です、複数アカウントは別のメールアドレスを登録することで取得することが出来ます。
なお1度発行を申し込んだメールアドレスでは2度申し込みを行うことはできませんのでご了承ください。
迷惑メール等の設定がされているとそのメールアドレスでツールの申し込みを出来なくなります。
どうしてもそのメールアドレスでの登録を希望する場合は管理部の操作でサーバーをリセットすることで利用できるようになりますが、その場合サポート手数料として別途税込み3000円が発生します。
ただし、1PCあたり1ライセンスの原則には変わりませんので別のPCにツールをインストールしていただき、追加ライセンスの有効化を行ってください。

Back To Top

無料ライセンスでもカスタマーサポートを受けることはできますか?

申し訳ございませんが、有料ライセンスをお持ちの方のみサポートをご利用いただけます。有料版にアップグレード後に再度ご連絡ください。

Back To Top

有料版は月額料金以外に必要な費用はありますか?

ライセンスの月額費用以外に弊社への支払いはありませんが、有料版、無料版問わず別途サイトごとの利用料が発生する場合があります。(Amazon大口アカウント料金など)

Back To Top

バージョンアップについて

バージョンアップに追加料金は必要ありません。ただし、オプション機能の追加は別途料金が発生する可能性があります。

Back To Top

プランの変更、解約について

プランの変更はいつでもツール内のライセンス設定より行なうことができます。
また、有料プランからのダウングレードもしくはツールの解約の際はPayPalの個人設定より月額支払い設定をお客様の操作で解除して頂く必要があります。お問い合わせて頂きましてもこちらから解除操作を行なうことはありませんので予めご了承ください。
なお、月額利用料は日割りになりませんので、次回のお支払いが発生する直前で解約されることをお勧めします。解約以降、料金の発生は一切ありませんが、お客様の操作ミスによって費用が発生していた場合の返金措置はありませんのでご注意ください。
既存ライセンスの具体的な課金停止方法については以下のPayPal公式サイトを御覧ください。https://www.paypal.jp/jp/contents/support/faq/faq-016/

Back To Top

お申し込みについて

有料版のご利用を開始したいお客様もまずは無料版ライセンスからご利用の開始をお願い致します。
無料版のライセンスはTenbuyerのメルマガ経由でお申し込みいただくことが可能です。有料版へのアップグレードはツール内ライセンス登録欄より行なうことができます。

Back To Top

ツール申し込み後メルマガを解除した場合どうなりますか?

特に問題はありませんが、ツールのバージョンアップに関するお知らせや、利用者向けのご案内の一切が届かなくなりますのでご注意ください。

Back To Top

返金について

いかなる場合も返金等の対応は行っておりませんので予めご了承ください。

Back To Top

無料APIについて

アマゾンセラーアカウントをサスペンドされてしまった方でもamazon情報が取得できます。そして有料APIより高速でデータを取得することができます。ただし取得できる情報は限定されます。

Back To Top

データの取得速度・精度について

回線の環境にもよりますが、1万件のデータをおよそ40分から1時間程度で取得できます。実際にはAmazonの仕様でAPIリクエストの上限速度が決まっており、これを超えての速度アップは不可能な状態です。つまりこの手のツールでは最速です。他社製ツールとの速度に違いがあるのは主にエラーリトライ数に依存します。弊社ツールではデータ取得時に不可抗力的に発生するエラーも再取得を行いますので、取得漏れを最小限に抑えることができます。

Back To Top

独自に編集したCSVデータを読みこませると、空白があったり途中までしか読み込まれないことがあります。

元々の出力形式は何で出力されていますか?CSV or TXTタブ区切り
これ以外の形式のTXTを読み込ませた場合、正しく読み込まれません。
またTXT読み込みに対してCSVを読み込ませたり、CSV読み込みに対してTXTを読み込ませた場合も不具合が発生します。
加えてCSVで出力したデータを外部エディタで編集し保存したものをそのままCSV読み込みを行った場合もデータ上の”ダブルクォーテーションが 消えるために不具合が発生します、外部編集を行う場合は、必ずTXTタブ区切りで出力を行い、それらを編集、そして同じくTXTタブ区切りで保存 し、読み込む時もTXTタブ区切りを使用すればエラーは基本的に発生しません。

Back To Top

「US Inventory Loder」の作業についてですが「データ作成」→「変換実行」を行った際に計算利益が0になります。

まずテンプレートがデフォルトのinventory loader_defaltが選択されていることを確認してください、次に設定のメニューより利率、送料、保険料の項目を全て左下の初期化ボタンを使用して初期化を行ってくだい。
それでも改善が見られない場合は、ツールのアンイストールと再インストールを行っていただき、まずはデフォルトの状態でどのような動きになるのか を確認されてみることをお勧めいたします。

Back To Top

セラーフィルタリングをしたら条件内の商品も「0」で出力されました。

こちらの内容はAmazonのAPI規約に基づいて説明させていただきます。
まずAmazonのAPIでは1リクエスト毎に対象商品の商品が出品セラー毎にグループ分けされます、
そしてリクエストに対して帰ってきた1グループの中から条件設定に一致したものをAMEASYでは最安値価格として取得します。
従ってリクエストを行った時のグループ内に条件に一致する対象セラーが存在しなかった場合、価格はゼロで出力されます。
つまりリクエストのタイミング毎にグループ選択が無作為に行われることになり、これらの詳細なアルゴリズムは公開されていません。

Back To Top

最安値じゃないものが取得されてしまったのですが。

価格取得のアルゴリズムに関してになりますが、
上での説明通り、商品内のセラー数に応じてグループA、B、C……といった具合に情報抽出対象のセラーがグループ分けされ、尚且つグルー プに関しては APIのリクエストの度に無作為に変更されます。
これはAmazonのデベロッパーポリシーにて決められた仕様であるために、100%の確率で全ての商品の最安値を抽出しているというわけではな いということですね。
例えばグループAの最安値が「500円+送料100円}グループBが「500円送料無料」グループCが「600円プライム」というグループ分けに なった場合、APIリクエストを行った時に今回グループCが結果として帰ってきたとします、
その場合他のグループに最安値があったとしてもグループC内での最安値が再優先され、600円のプライムがデータとして出力されることになりま す。
時々ですが「最安値ではないデータが抽出されることがある」というようなご指摘を頂くことがありますが、その背景には以上のようなことがあげられます。

Back To Top

画像抽出ツールについて、Amazonに表示されている画像と実際に取得される画像の数に違いがありますがバグでしょうか?

バグではありません、目に見えるAmazon上の商品情報と、ツールで利用するAPI上の情報では内容的にも差異があります。

例えばAの商品にはAmazon上では1番と2番の画像が登録されていて、サイト上では双方が確認できたとしても、API上の登録で1番の画像のみしか存在しない場合はその情報のみを抽出するということです。

Back To Top

Amazon画像収集ツールで画像データを取ろうとしたところ画像URL、及び画像データが出てきません。ツールは取得完了と表示されています。 有料APIを登録しており、TenbuyerではAmazonのデータが正常に出力されています。

Amazon画像抽出ツールのご利用には無料APIの登録が必要となります。

マニュアルの10Pを参考にキーコードの取得を行ってください。

Back To Top

Tenbuyerのマニュアルはどこから見れますか?

マニュアルはツール起動後、ヘルプよりバージョン情報をクリックしていただき、その中にあるリンクよりオンラインマニュアルを確認することが出来ます。

Back To Top